Blog


2017.04.21 | ミッションインモンブラン

#14webサイトとブランディング

元気ですか!
モンブラン野田です!


最近、
「野田くんっていつも前向きだね!」
「野田くんっていつも元気だね!」
「野田くんって頭悪そうだね!」
とか言われるんですよ。


そう思ってる人
甘いですよ。

ぼく、本当は

寝る前は次の日の仕事のこと考えて眠れなくなるし
深夜、ツイッターでメンヘラみたいなツイートしますし
一人で街歩いてる時はウロウロと彷徨うウォーキング・デッド状態ですし


でも人前では出来るだけ
前向きで元気です。

なぜなら、
そういう人に憧れてるからです。







ブランドは高い山



僕にとっての目標は
「いつでも元気で前向きで仕事が出来る男」です。
つまり、この目標が目指すべき姿「ブランド」だと言えます。

そのブランドという山を登る行為を「ブランディング」といいます。
そして「登る」という行為は「伝え続けること」です。

あの人「元気だね!」と思われたいのであれば

元気にあいさつ!
ごはんをおかわり!
20キロくらいなら自転車で行く!

人前で元気と認識される行為を考えて実行し続ければ
おのずと浸透します。







本当に良いサイトってなんだろう?



今の時代ウェブサイトを作るのはそんなに難しくありません。
WixやJindoのような無料ツールはどんどん進化してますし
簡易なサイトならワードプレスで作れる人も増えてます。

そんな中、本当に優れたウェブデザインって何だろう?
ユーザーが喜んでくれるウェブサイトって何だろう?

そう考えることが増えました。


優れたクリエイターは
「作る時間」よりも「考える時間」が長いと僕は思います。

そして「考える能力」がとても高いです。



クライアントのお客さんはどんな人か?
その人はどんなデザインが好きなのか?
競合会社はどんなデザインやコンテンツなのか?

そういうことを一生懸命考えてブランドという「山」を作っていきます。
この山を作る時間が良いウェブサイトになるかどうか?の重要な要素だと思います。

作った山によっては
ウェブサイトではなくFBページだけでもいいかもしれませんし
WixやJindoのような無料ツールでも登れるかもしれません。

エベレストやモンブランといった高い山に登るのであれば
最高の装備とメンバーで挑む必要があります。

良い制作会社は、そんな高い山に登る装備とメンバーを集めることができる会社だと思います。
ウェブ制作が会社によって価格差が生まれるのはこのブランドの目標設定の違いだと僕は思います。







ウェブサイト公開は山の麓



「やっと公開!よかったよかった!」
ここで一息つくと、一年たっても新着情報に
「ホームページ公開しました!」
が残り続けるサイトになります。


ブランドは
ブランドイメージを伝え続けることで形になります。
ブログ、SNSといったツールを使って
発信を続けることが大事です。


では、ブログを毎日書けばいいのか?
どんなに長文の名文を書き続けても
歩むべき方向を間違えていたら羅針盤の無い航海です。


ここでいう「羅針盤」が最初に決める「ブランド」です。
公開してから始まる長い運用をきちんと正しい方向に導くために必要となります。


毎日1時間ブログを書いて
5年間運用したなら1825時間。


この膨大な時間が投資になるか浪費になるか?
最初の「ブランドづくり」にかかってます。


焦らず、じっくり、しっかり作ることが大事です。








理論と感性の両輪



優れたコンサルタントはデザインの造詣があり
優れたクリエイターは優秀なマーケターです。

これからのウェブサイトは
理論と感性の2つの輪を回すことでより早く進むことができます。

理論と感性、どちらも一流なのが理想ですが
そんな化物みたいな人はほとんどいません。

モンブランの強みは
「チームビルディング」です。

高い山を登る仲間を集め
クライアントも含めたチームワークでブランディングを行っていきます。

まだ、会社員時代の自分からは
モンブランはそんな風に見えてました(笑)


そして独立し、一緒に仕事をすることになり
険しい山中で時に遭難の危機に瀕しますが

高い山を登るためにチームに選ばれたときは全力で登ってます。
僕と同じくらい濃ゆいメンバーも沢山いるので
モンブランに仕事を依頼されたときは楽しみにしててください!

※根性をつけるためにリアルな山に登ろうと思っているズートリ野田がお届けしました。


企業の新規コーポレートサイト製作や、サイトリニューアルの依頼はモンブランまで。