Blog


2017.05.19 | ミッションインモンブラン

#15年齢や立場でも違和感ないリュックを教えてほしい

ウッキキ!
ミッションインモンブランのお時間です。

最近
「竹田さんのミッション無視してない?」
というお声を頂き、


しっかりとヒアリング
からの適切な提案
そして間違いないソリューション


基本に立ち返ることにしました。





さて
今回のミッション。

ボスにヒアリングしたところ
「最近体の調子おかしいからジョギングなんか始めてるんですが、仕事中も体のバランスを考えようとおもっております。

そこで竹田の年齢や立場でも違和感ないリュックを教えてほしいっす」

との悩みを聞き出すことに成功しました。


バックに関しては
この野田
金銭感覚が崩壊した女子大生並に購入する癖があります。

ということで!
今回は野田おすすめのリュックをご紹介します!







ベスト・オブ・ベター「ポーター」



ポーターのリュック。
それは高校生が始めて買うちょっと背伸びしたリュックであり
ビジネスマンが被っても気にならないと買うリュックであり
女性がファッションに邪魔にならないと買うリュックです。

収納沢山!防水!軽量!



見た目かわいいなぁーと思い
僕はこのリュックを買いました。
トートバック風でワンタッチで開く便利なリュックです。

防水機能はついてますが、上がぱっくり開いてるので
雨の日に使うと中に水たまりができます。

ジャケットスタイルにも合わせやすいシンプルなデザインが多いので
制作系の人も使ってる人多いですね!

カジュアルからビジネス向けまでラインナップも多彩です。








カジュアルで高品質なリュックなら「マスターピース」



ポーターよりちょっと高めですが
オシャレで個性的なリュックが揃うのがマスターピース


こちらのPOTENTIALとかよく見かけますね!




個人的にはこちらの「MSPC GABATTE」がめっちゃ好きです。
バックパック&手持ちバックの2wayです。




リュックって結構手で持ってる時間長いんですよ。
ちょっとした移動なら手持ちの方が楽ですし
バスや電車の時も邪魔にならないように手持ちすることがあります。

つまり、手で持っても背負ってもカッコイイバック!
それがMSPC GABATTEなんですね〜







MBPを背負うために生まれた「コートエシエル」

いま、僕が使っているバックはこれです。
Appleの公式グッズにも選ばれたリュックで
PCを持ち運ぶことに特化してます。



PCを入れる部分と荷物を入れる部分が二層に分けてあり
PC部分は分厚いクッションで守られ
荷物部分はメッセンジャーバックのように取り出しやすい作りになってます。

自転車乗りや荷物の取り出しが多いライフスタイルの人には文句なしに最高のバックだと言えます。
生地もなんか未来的なすごい素材で作られてるそうで汚れにくく長期間使っても見た目がほとんど変わらないそうです。


欠点を言えば
最近、買う人が増えてきたので街中で被ることが多いことです。
個性的なデザインのせいで被ると少し照れます。







未来から来たの?Solid Gray



今日は月曜日。
モンブランの事務所ではスタッフが週末の余韻を引きずりながら働いている。

そろそろボスが来る時間だ。


ガチャガチャ




扉が開いたその時、
僕らは皆、目を疑った。






ボスの背負ったバックパック。
それは都会的というにはあまりにも先進的。

まさに未来からの贈り物のようだった。



「ミンナオハヨウ」




カタコトの日本語。

動きもどこかしらギクシャクしている。

スタッフのE君が僕につぶやいた



「竹田さん、、、あまりにも未来的かつスタイリッシュ、、、もしかしてバックが本体、、」


その瞬間
竹田さん、
いやバックがE君に青色の光を発射した。




「ぎぃや〜〜〜〜」




まばゆい光のあと、
目を開けると





「ノダサン、コーディングタノシイデス」

E君は向こう側の存在になっていた。



そう、
これは人間とリュックとの長い長い戦いの始まりに過ぎなかったのだ。





※アルマジロの甲羅をイメージしたオランダのブランドで20000円〜買えるバックです。








まとめます。

仕事用のリュック選び難しいですよね!
個人的にはジャケットを着る仕事かどうか?で判断すると良いと思います!

スーツやジャケットを着る場合、リュックは背負いにくい&ジャケットが型くずれし易いので手持ちでもいける2wayバックがおすすめです。

カジュアルなスタイルが多いなら背負うことに特化したバックパックが良いですね。
カメラマンさんやライターさんはバックパック愛用されてるかたをよく見かけます。

15インチ以上のPCを入れる場合は入らないことがあるのでサイズに気をつけましょう!
それに充電器等も合わせると6キロくらいになるので肩のクッション性を確認することをおすすめします。

僕が知る限り上で紹介した「コートエシエル」が一番長時間背負っていても疲労が少ないです。



※あまりにもリュックが増えすぎてメルカリで売り始めたズートリ野田がお届けしました。


ホームページ作成だけでなく、ロゴ作成や名刺、パッケージデザイン等もおこなっています。