Blog


2017.12.27 | ミッションインモンブラン

#23こんなクリエイターはSNSに向いてない!

どうも!承認欲求の塊こと野田です!
突然ですが、ボスはあまりSNSをしません。

そんなボスに聞いてみました。
「なぜFBにかわいい子供と美しい妻の写真を投稿せぬのですか?」




すると








「え?なんで?」



と返ってきました。
僕は「ふむ」と少し考えたあと
ひとつの結論に到達しました!



きっとボスはSNSに高いリスクを感じているのだ!
ボスにSNSで失敗しているパターンを沢山伝えることで
より確実な投稿が可能になり
少し気が楽になるのでは?



今日のテーマはSNSで失敗してる人を調査!です!
(あくまで野田の独断と偏見です)





ついついTwitterで熱くなってしまう人



Twitterは140文字のポエム。
そしてユーザーの一番多い年代は10〜20代と言われています。
はい、勘が良い人はこの時点で危険性に気づきましたね。

30~40代の仕事に熱中している世代がTwitterを始めると
ついついやってしまうこと!
それが「熱い投稿」です。
熱血ポエム。



例を出しましょう

「毎日3時間睡眠。そして16時間労働。でもつらくない。ていうか寝ている3時間もたぶん働いてる。 朝起きた瞬間ひらめくことあるしね。24時間働けますか?ってリゲインかよw」

おそらく彼はとてもワーキングハイになっていたのでしょう。分かります分かります。
しかしこれを正常な精神の人が見た時、その暑苦しさと、ビシビシ感じる承認欲求に胸焼けがするのではないでしょうか?
そもそも寝てる間に働けるわけないですし、それ寝てないですからね。
140文字の制限故か体言止めになりがちな文体も鼻につきますね!



次の例いきましょう。

「高ければ高いほうが登った時きもちいいもんなぁー
まだ限界なんて認めちゃいないさ!オレ!」


うん、そうねナイスポエム!
でもこれって桜井さんの声に乗せてはじめて血が通う言葉ですね。
深夜にやりがちな歌詞の引用を自らの言葉のように語るパターン。
知ってる人にとっては「ひぃ〜〜〜」となるやつですね!






FBで向上心をアッピール



休日のFBフィード
ダラダラと目で追っているとふと目に止まった投稿例です。

「今日は土曜の朝から勉強会!
一緒に勉強してる仲間!朝からほんとスゴイ素直に尊敬する
時間とお金を投資すること!いつか絶対サクセス!」




どうでしょう?これを休日の朝、いきなり面と向かって言われたら?



「ピンポーン」



「誰だよこんなに朝早く、、、」



ガチャ



「今日は土曜の朝から勉強会!
みんな朝からほんとスゴイ素直に尊敬する
時間とお金を投資すること!いつか絶対サクセス!」




「うぁわわわあわわ!!!!」





怖いですね。





その他の例いきましょう。

「今日は最高の仲間と最高の飲み会!マジやばいって
たかし飲みすぎて電車でメガネ落としたってさw」
(安田さんはたかしさん他25人と一緒にいます)




いいね!飲み会!好きだよ!
しかし投稿のタイミングを間違うとイラッとされるのが飲み会投稿。
たとえば、

安田の上司が一生懸命残業している時、
休憩中にふと開いたFB



「今日は最高の仲間と最高の飲み会!マジやばいって
たかし飲みすぎて電車でメガネ落としたってさw」
(安田さんはたかしさん他25人と一緒にいます)


いいね!の親指を喉元に突き刺したくなりますね!


更に罪深いのが25人のタグ付けです。
人の状況は様々です。

・別の飲み会を断った人
・奥さんに残業と言って来た人

タグ付けされることで彼らは断罪されます。
勝手にタグ付けしないこと、
それが社会人の優しさです。







Instagramは家族のアルバム



インスタって流行ってるなぁ
よっし俺もイントールしてみよ!
とりあえず、知ってる人フォローしてみよ!

お、ここからみんなの投稿が見れるんだなー
どれどれ〜



「息子が1歳になりました!早くも立てるようになったよ!」
#将来はスポーツ選手 #自分の息子にしては運動神経よくない? #こども好きな人とつながりたい



「娘と嫁さんと家族でマルシェ!」
#おしゃれ雑貨でテンションMAX #美味しいものありすぎて太った #マルシェ最高 #からの〜夜にケーキ食べちゃった #テヘペロ



「今日のうちの赤ちゃん。」
#第120弾



そう溢れかえるかわいい赤ちゃん、子供、奥さんとの幸せなオシャレ写真。
そして本文なのかタグなのか?もう本来の意図とは全く違う使い方をされたハッシュタグ

もう家族アルバムをランダムで表示されているような感覚。
これがInstagramのメインストリート。
あとランチの写真とかね。

たまに、Instagramの文化がよく分かっていないおじさんが謎の自撮りが表示されますが
僕としては微笑ましい気持ちで見ています。(もちろんハッシュタグもついてない、おそらく半角#の打ち方も分かっていない)







みなさん、実はですね・・・・



いやぁ、、、こうしてみるとSNSは危険で痛々しい投稿も多いですね。
お気づきの方もいるかもしれませんが

ここまで書いてきた様々な事例
実は全て僕の投稿を元に書いてます。


勉強会アピール、深夜のポエム、子供写真ばかり投稿


職業上SNS偏差値は高い方だと勝手に思っていた僕ですが
むしろネットで弄られる側の王道を歩いていたようです。(確認したらInstagramの8割が子供の写真でした)


王道を歩いて何となく気づいたことを箇条書きしたいと思います。

・人や団体を批判、非難するような投稿はしなければ王道を歩いてもトラブルにならない
・自分よりも人を褒めたほうがいいね!
・武勇伝より自虐伝の方が読んでる人は楽しい
・こどもの写真も一眼でアングルもきちんと考えて撮ると評価される
・泥酔してる時はTwitterに投稿しない!絶対だ!
・もう一度言う!酔っぱらいはSNSに投稿するんじゃないぞ!
・批判的な投稿のコメント欄に書き込まない!巻き込まれるぞ!
・なぜか風景や食事を撮る時に自撮りを入れる人がいるが、自撮り需要があるのは美女だけであると理解しよう。



以上です!
みなさんもハッピーSNSライフと楽しみましょう!


※人生で一度は炎上を体験してみたいズートリ野田


ホームページ作成はもちろん、企業や商品のブランディングもお任せ下さい。