Blog


2018.04.23 | ミッションインモンブラン

#25フリーランス・オブ・ザ・デッド

みなさんサバイバルしてますか??
モンブラン野田です!

僕がフリーランスになって早くも一年が過ぎようとしています。
ウェブサイトをつくりつつ
こうしてコラムを書いたり、力仕事をしたりと
血と汗と涙で食いつないできました。

今日はそんなフリーランス生活の中で起きた一歩間違うとデッドしてしまうことを書きたいと思います。






おかね、ない。


まずはこれ!
今までは定期的に入ってきていた「給料」が入ってこない!
僕は50万くらいの開業資金で独立したんですが(少なッ)

約3ヶ月間無収入。
口座の残高が23000円まで減りました。

身重の妻と幼い息子がいた僕は
顔で笑って背中で泣いてました。

4ヶ月目にしてようやくチャリーン!と入金があり
なんとかッ!なんとか食いつないでいけました。

そこから少しずつ定期的に貰える仕事を頂けるようになって
収入もちょっとずつ安定してきました。

それでもある月の収支をみるとヒィッとなります。

【ある月の収支】
収入 +70000円
携帯 -10000円
外注費 -90000円
生活費 -90000円
保険 -20000円
年金とか色々 -25000円
経費 -30000円
————————
-195000円の赤字!





距離に殺される



会社員時代はたまに営業さんの打ち合わせに同行するくらいで基本的には社内でデスクワークでした。
フリーランサーになってからは全部自分で打ち合わせして仕事をまとめる必要があるので
打ち合わせの数が倍増!

それだけならまだいいんですが
打ち合わせ先が遠い場所だとそれだけで半日、1日が終わってしまうこともあります。
もちろんガソリン代など交通費も発生します。

あんまりそこを気にせずに何度も打ち合わせに行ってたら
気づくと「制作時間」はどんどん減っていき「経費」はどんどん増えていきます。

遠くのお客さんと打ち合わせするときは
長めの時間をいただいて一度の打ち合わせでしっかりと決めて、
スカイプやハングアウトといった会わなくても進行ができる方法を使うことが大事と学びました!
(あと遠くに来たからと観光気分で寄り道ばっかりしたらデッドします)






自宅が職場という罠



独立直後は自宅を仕事場にしてました。
僕の家は両親や兄も呼んで一緒に暮らしているので、とにかく部屋が足りてなくて
僕の仕事場はリビングの隅っこ。

「まぁなんとかなるだろう」
と1畳ほどのスペースに仕事を出来る環境を作りました。

実際仕事してみると

散る散る

びっくりするくらい気が散る。

まな板や洗い物の音。
テレビの音。
その他さまざまな生活音。

集中してるときはまだいいんですが
疲れてる時はすっごい気が散るんです。

そして子供が保育園から帰ってきたら
「遊んで~」と誘惑が。

リビングで仕事計画はとても効率が悪い
その後、ボスが
「事務所自由に使っていいよ」
と合鍵をくれたことにより僕は救済されました。

自宅職場は通勤が無いという点ではとてもいいんですが
完全に独立した仕事部屋を確保できないと厳しいですね。







最大の敵は?



フリーランスは基本一人で黙々と仕事をします。
人の集中力の限界は一般的に90分程度と言われています。

つまり長くても90分に一度は集中力が切れるわけです。

この「途切れた瞬間」がフリーランスにとって最大の敵!

「ちょっとFBでもみようかな」
「休憩でyoutubeでもみようかな」
「スマホゲームでもしよう」

休憩自体はいいんです!
息抜きはしてもいいんです!

問題なのは
「止め時がわからなくなる」
ことです。

怖い上司もいない
同僚に声をかけられることもない
いきなり後ろに社長が立っていることもない

フリーランスは自由なのです。

会社員であれば、決められた休憩時間以外は
youtubeもスマホゲームもやれたとしてもコッソリ
長時間やればバレてしまいます。

そして、
気づくと1時間、、、、2時間、、、。

もうそれは休憩ではなくサボり!

そう、フリーランスにとって最大の敵は
「自分」なんですね。。。。


僕はサボりを回避するために朝からタスクリストを書くようにしてます。
書いたタスクを早く終わったら好きなことしていい!みたいにしてます。







ゾンビにならないためにも

1年間頑張ってみて思いました。
何となくフリーランスをやっていると
働けど働けど楽にならず、
睡眠不足により顔色は悪くなり、
おぼつかない足取り
減り続ける口座に虚ろな目。

まさにゾンビ!

せっかく独立したんだから
駄目なところは改善して毎年少しずつでも楽しいフリーランス生活を送れるように
踏ん張っていきたいと思います!


※経費と浪費の区別が一番大事だと最近気づいたズートリ野田


ホームページ作成はもちろん、企業や商品のブランディングもお任せ下さい。